引っ越し 格安

MENU

引っ越しが決まると膨大な準備作業が発生します。

やることが多くある人の心理として、なんとか時間をかけずに作業を終わらせていってしまおうと考えがちです。
それで引っ越し価格を業者の言い値で割高契約してしまう人が多いのです。

 

よく覚えておいて欲しいのですが、
引っ越しの価格というのは完全に業者が自由に決めてしまうものであり、決まった金額は存在しません

 

引っ越しの価格は業者比較で安くできる!【簡単見積もりガイド】複数業者に相見積もりを取ることは必須!

 

絶対条件というかもう前提条件です。

 

そこで初めて引っ越しのスタートラインに立てると言っても過言ではありません。

 

引っ越しの価格は業者比較で安くできる!【簡単見積もりガイド】引っ越し 格安 でも色んな業者にイチイチ電話とかメンドクサイや〜ん…

 

などと眠たいこと言ってる人はハイ、一括見積もり。
これでいろんな業者に一気に見積もり、簡単過ぎて笑いが止まりませんね。

 

ここは引っ越しの鬼と自他共に認める当サイト管理人がいつも使っている
見積もりサイト
です。一括見積もり使うことによって相場があってないような
ものである引越価格が激烈に節約できますのでまずは申し込んでくださいね。

 

引っ越しの価格は業者比較で安くできる!【簡単見積もりガイド】

 

 

引っ越しの価格は業者比較で安くできる!【簡単見積もりガイド】
まだ申し込んでませんか?

 

これから引っ越し準備盛りだくさんのあなたがこんな最初の一歩でモタモタしていていいんですか?
引っ越しの日にち、業者、時間帯がキチッとフィックスされて初めて色んな手続きのスタートができるんですよ!

 

引っ越しは業者への相見積もりが前提条件と先ほど書きました。
え、なんで?見積もり取って一番安いとこに申し込んで終わりだろ?
とかまさか考えてませんよね?

 

引っ越し 格安 違うんです、引越し価格を安くしようと思ったらここからが腕の見せどころです。

引っ越しの価格は業者比較で安くできる!【簡単見積もりガイド】

  • まず、引っ越し業者は必ず訪問見積もりをさせろと言ってきます。

    実際の荷物量を見なければ正確な見積もりはできないだとか何とか適当なことをのたまいますが、
    そんなもん対面で逃げられない心理を逆手に取り直接クロージングするために決まってます。

     

    引っ越し 格安 実際相手を目の前にして断りを入れるのは勇気が入りますからね。

  •  

  • それにぶっちゃけ荷物量なんてどんぶり勘定でなんとでもなります。

    私何回も訪問見積もり呼んでますが、実際来た営業担当がしっかり荷物量を見て見積もってるなんてとても思えませんでしたから(笑)

     

    引っ越し 格安 というわけなので、引越し業者を家に呼ぶ場合は必ず結構キツ目のクロージングをかけてくるものだと覚悟しておいてください。

  •  

  • そして、1社目の業者ではゼッテー決めねえ!

    という強い気持ちを持って業者さんを迎えてください。
    相手もプロの営業ですから、あの手この手で即決を促してきます。

     

    引っ越し 格安 最初に提示してきた見積もりよりなぜか半額以上下がった上に、即決してくれれば更に数万引きます!なんてこともザラです。

 

 

引っ越しの価格は業者比較で安くできる!【簡単見積もりガイド】
じゃあ最初の金額はなんだったんだよ!!
というツッコミをグッと押し殺しながら帰ってもらってください。

 

あとはもう同じことを2社目3社目と繰り返して自分が納得するラインの金額を提示してくれた業者と契約しましょう。

 

 

 

 

ちなみに、私くらいになるともうイチイチ別々に業者を呼ぶようなことはしません。

一括見積もり送信ボタンカチ。
連絡が来た業者を片っ端から同じ日時で呼ぶ。
実際お越しいただいた業者さんに価格を入札してもらい、最安業者と契約!

 

 

引っ越しの価格は業者比較で安くできる!【簡単見積もりガイド】引っ越し 格安 このような簡単3ステップで引越しの価格と日程を決定しています。

 

このように、慣れてくるとどんどん応用の効くのが引越し一括見積もりです。
準備でやること盛りだくさん、業者を決めるのにそんな時間をかけていられないあなたは絶対に使ってください。

 

私がいつも使う一括見積もりサイトはこちらです↓↓

引っ越しの金額の推移と業者の対応

引っ越しの金額は時期により大きく推移します。この件は大体の方がお分かりでしょう。

 

私が3月に引っ越しをしたときのことです。見積もりに5社依頼し見積もりをしてもらいました。一番対応がよかったのが、A社です。誰もが知るフリーダイヤル、引っ越しの専門業者です。見積もりに来た方も紳士的、細かく説明をしてくれました。見積もり5社で最後だったので今までの事を含めて話を聞けました。3月は春分の日から引っ越し料金が1.5倍以上になることも(平成19年です)但し料金が少し高い、此れがネックになり断りました。断りの電話の際も電話対応の方がとても丁寧でした。

 

一番悪かったのがF社です。見積もりに来た人の対応が悪すぎ、引っ越し料金もボッテいるのと思うくらい高めでした。しかも基本料金のみ。話を聞いたら3月から2倍ですとの話、40万以上になるがまけて32万と担当者が言ってきたので他社も見積もりするからと帰ってもらうように促すとそれでは割引の話は無ですどうぞ他にあたってくださいと帰っていきました。

 

この件は当時のご近所さんに話、家内のママ友にも伝わっています。その会社も引っ越し専門です。引っ越しの際は業者に事前に配置する平面図等を渡しておくとスムーズに置いてくれます。

 

 

私はこのHPを見て引越ししました。


引っ越し大好き 

 

初めて一人暮らししてから10年で10回以上の引っ越しを経験したよ。最初は荷物も少なくて、友達に頼んで引っ越しした。でも分からない事ばかりで失敗もあったよ。

 

本は大きなダンボール箱に入れてはいけない。私は汗牛充棟と言われるくらい所有してる本が多いんだけど、一生懸命詰め込んだ本が車に乗せる前に底が抜けた。それにめちゃくちゃ重かったよ。引っ越し先で電気と水道は使えたけど、ガス屋さんに連絡し忘れお風呂に入れなかった。かなり汗だくになって埃まみれで寝るのは嫌だったけど、疲れてたから爆睡したよ。

 

次に引っ越しした時は、家具を運び込もうとしたら鍵がない。初日に無くす人は初めてって不動産に言われ、大家さんに言われ気まずくてここは直ぐに引っ越したね。次の引っ越し先は付いてたエアコンが壊れてたから家賃を下げてもらってラッキーだったよ。でも風通しが良く夏場は涼しいし、しっかりした雨戸が付いてたから冬場も小さいストーブで充分だったからわりと気に入ってたよ。

 

引越しの経験から学んだこと

 

私が今まで数回引越しをした経験から、いくつか学んだことがあります。それは引越しの最中に使う可能性のある細かなものは、必ず身につけておいたほうが良いということです。

 

例えば荷造りや荷解きの時に使うハサミやガムテープ、光熱費などの連絡先、そして携帯電話に家や車等の鍵類などは、どこかに置いておくと確実に引越し作業に紛れてしまい、失くしてしまいます。そしていざ必要な時になって見失い、あちこち探し回ることになってしまいます。引越しの最中で探し回る時間というのは、非常にムダな時間です。

 

私自身過去に引越しをした時、バイクの鍵をどこかに失くしてしまい、探し出すまでにすごく時間がかかった経験があります。そういったことで引越しの時に必要になるかもしれない大事なものは、ウエストポーチや大きめのポケットのついた洋服などに入れて、身につけておいたほうがいいです。特に鍵類は頻繁に使う可能性があるため、失くさないように注意が必要だと思います。